オリジナルの名入れタオルを作るメリット

名入れタオルには一般的に無地のフェイスタオルが使われますが、オリジナルタオルに名入れすることも可能です。世界でたったひとつのオリジナルタオルに名前を入れることは、個人やグループにとってもさまざまなメリットがあります。
スポーツ応援や部活・サークルのチームタオルに名前を入れると一体感が高まり、応援が盛り上がるのはもちろん他チームとの差別化にもつながります。卒業や部活を引退するときにオリジナルの名入れタオルを製作すれば、作る過程も含めてよい思い出になるでしょう。結婚・出産内祝いにオリジナルの名入れタオルを配るカップルも増えています。
タオルは年代を問わず日常的に使われるものです。応援タオルとして使わなくなっても毎日の生活で使うことができます。個人や少人数のグループでもそれほど費用をかけずに気軽に作れることもメリットです。

オリジナルタオルの活用シーン

オリジナルタオルは個人からグループまで、さまざまなシーンで活用されています。
サッカーなどの応援や部活・サークル活動のときなど、スポーツシーンにタオルは欠かせません。チームや選手の名前が入ったオリジナルタオルは、汗を拭くのはもちろん、プレイする選手に気持ちを伝えるアイテムとしても大活躍します。
体育祭や修学旅行などの学校行事の際に、団結力を高めるアイテムとしてクラスタオルを作るのもおすすめの方法です。卒業記念にオリジナルタオルを製作するのもよいでしょう。
応援タオルはスポーツに限りません。コンサートやライブなども、スポーツタオルやバスタオルなど大判のオリジナルタオルが大活躍するシーンのひとつです。お気に入りメンバーへの熱い想いを表現した推しメンタオルは、うちわよりも持ち運びやすいことから人気があります。
この他にも、お祭りタオルや結婚・出産など人生の記念日に贈るギフトなど、オリジナルタオルの活用法はいわば無限大と言っても過言ではありません。

オリジナルタオル製作の注意点

イメージ通りのオリジナルタオルを作るためには、いくつかの注意すべき重要なポイントがあります。
出来上がったタオルがなんだか見栄えがしないと言う場合、文字の大きさや色合いなどがタオルの生地やサイズに合っていないことが主な原因と考えられます。はじめてオリジナルタオルを製作する場合には、タオルデザインの経験が豊富なプロにアドバイスを求めるのがよいでしょう。
オリジナルタオルは、デザインにより適した生地や印刷方法が違って来ます。特に印刷可能範囲やインクの種類には注意が必要です。全面印刷が可能な場合でも、端の部分は滲みやデザイン崩れの可能性もあるので、内側に寄せたデザインがおすすめです。
モニターで確認するのと実際に出来上がったタオルでは、微妙に色合いが違います。出来上がりのイメージ違いを避けるためには、事前にサンプルを取り寄せるなどの工夫が必要です。
オリジナルタオル製作には、一般的に10営業日から1ヶ月ほどかかります。大事なイベントに間に合わせるには、余裕をもって計画することが大切です。

ピックアップ記事

名入れタオル製作にかかる費用

名入れタオル製作の費用は、タオルと名入れ加工、包装・のし、送料などの総額です。使用するタオルの種類や印刷デザイン・範囲、製作枚数、包装などにより1枚当たりの製作コストが大きく異なる場合があるため注意が...

粗品に使われる名入れタオルの特徴

粗品には平地付きタオルの端に企業名や住所・電話番号・公式サイトのURLなどの基本情報をプリントした名入れタオルが使われることが多いです。平地付きタオルとはタオルの隅に平地と呼ばれるパイルのない部分があ...

オリジナルの名入れタオルを作るメリット

名入れタオルには一般的に無地のフェイスタオルが使われますが、オリジナルタオルに名入れすることも可能です。世界でたったひとつのオリジナルタオルに名前を入れることは、個人やグループにとってもさまざまなメリ...

名入れタオルのサイズ

名入れタオルには、一般的なフェイスタオルと呼ばれる大きさのものだけでなく、持ち運びに便利な小さ目サイズやインパクトのある大判までさまざまなサイズのタオルが使われます。フェイスタオルとは34cm×85c...


コンテンツ

カテゴリー