名入れタオルのサイズ

名入れタオルには、一般的なフェイスタオルと呼ばれる大きさのものだけでなく、持ち運びに便利な小さ目サイズやインパクトのある大判までさまざまなサイズのタオルが使われます。
フェイスタオルとは34cm×85cm程度のもっとも一般的なサイズです。名入れタオルの多くはこのタイプで、洗面所やお風呂で使うのはもちろん、汗を拭くのにも便利なことから人気があります。
ミニタオルとは20cmから25cm四方のハンカチサイズで、タオルハンカチと呼ばれることもあります。ポケットに収まることや吸水性の良さから販促品としても良く使われるサイズです。
ハンドタオルとは34cm×35cm前後の、手や汗を拭くのにぴったりのサイズです。バッグに入れるのにちょうどよい大きさであることから、特に女性に人気があります。販促用として人気上昇中のタオルです。
スポーツタオルは40cm×110cmと長いのが特徴で、20cm×110cm前後のマフラータオルと共に、首に巻いても落ちないことからスポーツの際によく使われます。文字を大きくデザインできることから、スポーツ観戦やコンサートなどの応援グッズとして人気のサイズです。
60cm×116cm前後のバスタオルは大きさを活かし、野外でのライブなどによく使われます。

使われるタオルの種類

タオルの標準的なサイズであるフェイスタオルは、厚みにより使用感と適している用途が異なります。名入れタオルに最もよく使われるのは標準的な厚みである200匁と呼ばれるものです。お年賀タオルにはやや厚手の220匁も人気があります。薄手の160匁は体を洗いやすく、絞るのが簡単なことから温泉やお風呂などに使われます。ふわっとした使用感が魅力の240匁は、高級感があることから贈答用として人気です。
タオルは産地によっても品質に違いがあります。国産タオルは表面がふわっとしており、吸水性の良さが魅力です。大阪泉州は日本タオル発祥の地として知られ、泉州タオルと言えば国産タオルの代名詞的存在です。
中国製など海外製タオルはプレス仕上げのためふわっと感では国産に劣るものの価格が安いことから人気があります。リーズナブルで高品質なベトナム製は粗品タオルにおすすめです。

名入れの加工方法

タオルに名入れするには、プリント・染めの他、刺繍や生地に織り込む方法があります。
名入れタオルのプリント方法は、主にふち有り、全面プリント、フルカラーの3つです。
ふち有りプリントは印刷可能範囲が限られているものの、コスパが良く細かいデザイン表現が可能なことから大量印刷に適しています。タオル全体に印刷が可能な全面プリントは、インパクト重視の方におすすめの方法です。顔料・染料の2種類があり、特にリーズナブルで高品質の染料印刷は、個人から物販まで幅広く使われています。フルカラープリントは、発色の鮮やかさが特徴で、写真や画像などきめ細かい表現が可能です。この他、着抜や防染と呼ばれるデザイン部分だけを脱色・着色したり白抜きにする方法もあります。
名入れ刺繍は高級感があり、1枚から製作できるのがメリットです。文字を糸から織りあげる名入れタオルは、細かいデザインには向いていませんが、抜群の高級感で人気があります。

ピックアップ記事

名入れタオル製作にかかる費用

名入れタオル製作の費用は、タオルと名入れ加工、包装・のし、送料などの総額です。使用するタオルの種類や印刷デザイン・範囲、製作枚数、包装などにより1枚当たりの製作コストが大きく異なる場合があるため注意が...

粗品に使われる名入れタオルの特徴

粗品には平地付きタオルの端に企業名や住所・電話番号・公式サイトのURLなどの基本情報をプリントした名入れタオルが使われることが多いです。平地付きタオルとはタオルの隅に平地と呼ばれるパイルのない部分があ...

オリジナルの名入れタオルを作るメリット

名入れタオルには一般的に無地のフェイスタオルが使われますが、オリジナルタオルに名入れすることも可能です。世界でたったひとつのオリジナルタオルに名前を入れることは、個人やグループにとってもさまざまなメリ...

名入れタオルのサイズ

名入れタオルには、一般的なフェイスタオルと呼ばれる大きさのものだけでなく、持ち運びに便利な小さ目サイズやインパクトのある大判までさまざまなサイズのタオルが使われます。フェイスタオルとは34cm×85c...


コンテンツ

カテゴリー