粗品に使われる名入れタオルの特徴

粗品には平地付きタオルの端に企業名や住所・電話番号・公式サイトのURLなどの基本情報をプリントした名入れタオルが使われることが多いです。平地付きタオルとはタオルの隅に平地と呼ばれるパイルのない部分があるタオルで、主に印刷に使われるほか、頭に巻きやすいことから美容院や理容室で使われることもあります。名入れは片側だけのこともあれば両側同じ、片側ずつ異なるデザインにすることも可能です。
名入れタオルには、総パイル地の全体に名入れを施した捺染タオルと呼ばれるタイプもあります。捺染タオルとは捺染と呼ばれる横糸だけを染める特殊な染色方法で作られたタオルで、色落ちが少なく水に濡れると文字がはっきりと浮かび上がることから旅館や温泉などでよく使われます。実用性が高く比較的低コストで作れるため、業務用タオルとして人気です。

粗品タオルのメリット

日本には伝統的に企業が粗品として名入れタオルを配る習慣があります。新年のご挨拶に年賀タオルが使われることも多く、日本の文化として定着しています。
インターネットが普及した現代、取引先に足を運んで粗品を手渡すことは、以前にもまして好印象を与えるものです。実用品のタオルは捨てられることがほとんどなく、多くの場合、繰り返し使ってもらえることも見逃せません。
名入れタオルは粗品の定番だからこそ、実はライバルに差をつけることのできるアイテムでもあります。どの職場やご家庭でもいただく機会が多いだけに、粗品タオルに期待する人はそれほど多くないでしょう。標準よりもワンランク上のグレードのタオルだったら、想像以上と思ってもらえる可能性が高くなります。逆に、標準よりクオリティが低ければ、がっかりされてしまうため注意が必要です。

粗品タオルの包装とのし

粗品の名入れタオルは透明な袋や箱に入れ、のしをつけて渡すのが一般的です。
透明な袋を使う場合には、袋の中に印字したのし紙を巻いたタオルを入れます。粗品マークと水引が印刷された袋を使う場合には、のし紙を入れる必要がないので便利です。名刺が入れられるポケット付きの透明袋もあるので、目的に応じて使い分けるようにしましょう。紙箱にいれる場合には、箱にのし紙を巻きます。
のし紙の上段には粗品・お年賀などと記し、下段には会社情報を印刷します。のし裏にメッセージを入れるのもよい方法です。一般的なのし紙だけでなく、デザインのしが選べる場合もあります。
粗品タオルには、タオルに名入れをせず印刷したのしだけをタオルにつける方法もあり、ご挨拶用として人気です。

ピックアップ記事

名入れタオル製作にかかる費用

名入れタオル製作の費用は、タオルと名入れ加工、包装・のし、送料などの総額です。使用するタオルの種類や印刷デザイン・範囲、製作枚数、包装などにより1枚当たりの製作コストが大きく異なる場合があるため注意が...

粗品に使われる名入れタオルの特徴

粗品には平地付きタオルの端に企業名や住所・電話番号・公式サイトのURLなどの基本情報をプリントした名入れタオルが使われることが多いです。平地付きタオルとはタオルの隅に平地と呼ばれるパイルのない部分があ...

オリジナルの名入れタオルを作るメリット

名入れタオルには一般的に無地のフェイスタオルが使われますが、オリジナルタオルに名入れすることも可能です。世界でたったひとつのオリジナルタオルに名前を入れることは、個人やグループにとってもさまざまなメリ...

名入れタオルのサイズ

名入れタオルには、一般的なフェイスタオルと呼ばれる大きさのものだけでなく、持ち運びに便利な小さ目サイズやインパクトのある大判までさまざまなサイズのタオルが使われます。フェイスタオルとは34cm×85c...


コンテンツ

カテゴリー