名入れタオル製作にかかる費用

名入れタオル製作の費用は、タオルと名入れ加工、包装・のし、送料などの総額です。使用するタオルの種類や印刷デザイン・範囲、製作枚数、包装などにより1枚当たりの製作コストが大きく異なる場合があるため注意が必要です。
使用するタオルの価格は、匁数と呼ばれる重さと、国産か海外産かによって決まります。軽いものほど安く、国産は海外産に比べ品質が良い分、価格は高めです。
名入れの費用は、印刷デザインと印刷範囲により決まります。文字のみでなく絵やロゴを入れる場合は高くなるため注意が必要です。印刷範囲は片側印刷がもっとも安く、両側で異なるデザインをプリントする場合がもっとも高くなります。一般的な透明袋やのしをつける場合にはコミコミ価格であることも多いですが、デザインのし、箱入れや名刺ポケット付きの袋などオプション料金が必要なものを選ぶと費用が上がります。
同じ内容でも、印刷枚数が多ければ1枚当たりの単価を劇的に下げることも可能です。一定金額以上は送料無料のところも多いので、送料についても必ず確認しておきましょう。

名入れタオルを安く作るためのポイント

名入れタオルを製作するには、まず第一に業者選びが重要なポイントになります。安く作るためには中間マージンのない自社加工のところを選ぶことが大切です。
次に同じ重さのタオルなら、海外産の方が国産より安く作れます。クオリティを下げたくない場合には、コスパのよいベトナム産タオルがおすすめです。製作枚数が多い場合には、捺染タオルにするのもひとつの方法です。
小ロットの製作よりも、大量に製作する方が1枚当たりの価格が安くなるのはもちろん、総額もそれほど違わない場合も少なくありません。保管場所があればまとめて製作することも検討してみましょう。
包装方法やのしはオプション料金の必要が無い標準的なものを選ぶことや、送料無料になるように注文することもポイントになります。

自動見積りサービスの利用が便利

始めて名入れタオルを製作する場合には、必要な枚数を作るのにどれくらいの費用がかかるのか見当がつかないことも多いでしょう。そのため、インターネットで名入れタオルを注文できる業者の多くは、自動見積りサービスを提供しています。タオルの種類や印刷デザイン、枚数などの必要項目を入力するだけで費用の概算がわかるので便利です。
名入れタオル製作の費用は、データの入稿形式によっても違って来ます。手書き原稿など入稿形式によってはデータ作成料がかかることもあるので注意が必要です。納期や見積り料金に版代や送料が入っているかどうかについてもチェックしておきましょう。自動見積りサービスでわからない点があれば、電話や問い合わせフォームなどで確認することも大切です。

ピックアップ記事

名入れタオル製作にかかる費用

名入れタオル製作の費用は、タオルと名入れ加工、包装・のし、送料などの総額です。使用するタオルの種類や印刷デザイン・範囲、製作枚数、包装などにより1枚当たりの製作コストが大きく異なる場合があるため注意が...

粗品に使われる名入れタオルの特徴

粗品には平地付きタオルの端に企業名や住所・電話番号・公式サイトのURLなどの基本情報をプリントした名入れタオルが使われることが多いです。平地付きタオルとはタオルの隅に平地と呼ばれるパイルのない部分があ...

オリジナルの名入れタオルを作るメリット

名入れタオルには一般的に無地のフェイスタオルが使われますが、オリジナルタオルに名入れすることも可能です。世界でたったひとつのオリジナルタオルに名前を入れることは、個人やグループにとってもさまざまなメリ...

名入れタオルのサイズ

名入れタオルには、一般的なフェイスタオルと呼ばれる大きさのものだけでなく、持ち運びに便利な小さ目サイズやインパクトのある大判までさまざまなサイズのタオルが使われます。フェイスタオルとは34cm×85c...


コンテンツ

カテゴリー