名入れタオルは粗品・販促にピッタリの使えるアイテム

名入れとは品物に名前を入れることで、個人的な贈り物から記念品、粗品・販促品まで幅広く使われている手法です。ノベルティグッズでは名入れがなければどこの企業の商品なのかわからず、思ったような販促効果をあげることはできません。販促品には名入れを施すのが鉄則です。
名入れグッズで期待通りの効果を上げるためには、配布した品物が実際に使ってもらえる必要があります。ノベルティグッズはあっても困らない、邪魔にならないコンパクトな実用品を選ぶことが大切です。
タオルはどの職場・ご家庭でも日常的に、繰り返し使うものです。タオルとしての役割を終えた後も、雑巾などに再利用されることも多く、使われるたびに企業・商品名をさりげなくアピールできます。名入れタオルは多くの方に喜ばれる最強の販促グッズのひとつだと言ってよいでしょう。

チーム・部活にもおすすめ!オリジナルタオル

企業や商品の販促や記念品などに使われることの多い名入れタオルですが、個人やグループでの利用も増えています。フェイスタオルの平地に企業名などを印刷したシンプルな名入れタオルに対し、グループでの利用に多いのはオリジナルタオルと呼ばれるタイプです。
オリジナルタオルとは、シャーリングと呼ばれる目の細かいタオルの全体にオリジナルデザインをプリントしたもので、サイズ展開も比較的小さなハンドタオル・ミニタオルからスポーツ・マフラータイプまで豊富です。一般的なパイル地のタオルに比べ吸水性は少ないものの、高級感と肌触りのよさで人気があります。
オリジナルタオルは個人のホールインワン記念や出産内祝い、学校の卒業記念のほか、コンサートの応援、部活やサークルのチームタオルとしてもよく使われます。スポーツやイベントには大き目でインパクトのあるスポーツタイプがおすすめです。

名入れ・オリジナルタオルを作る方法

布地に印刷するには、アイロンタイプのプリント用紙を用いて自分で貼り付ける方法と業者に頼む方法の2種類があります。アイロンプリントはタオルのような毛足の長い生地には向いておらず、プリントした部分は汗や水を吸わないため実用に適していません。まとまった数を作成することの多い名入れタオルはもちろん、オリジナルタオルを小ロット作製する場合でも業者に依頼するのが一般的です。
名入れタオルやオリジナルタオルを作成する業者はインターネットで見つけることができます。データを自分で作成するのが難しい場合でも、手書きのイラストからデータを作成してもらえることも多いです。自社加工を行っている会社の中には短納期や小ロットにも対応しているところもあります。価格も含め、条件に合った業者を選ぶことがポイントです。

ピックアップ記事

名入れタオル製作にかかる費用

名入れタオル製作の費用は、タオルと名入れ加工、包装・のし、送料などの総額です。使用するタオルの種類や印刷デザイン・範囲、製作枚数、包装などにより1枚当たりの製作コストが大きく異なる場合があるため注意が...

粗品に使われる名入れタオルの特徴

粗品には平地付きタオルの端に企業名や住所・電話番号・公式サイトのURLなどの基本情報をプリントした名入れタオルが使われることが多いです。平地付きタオルとはタオルの隅に平地と呼ばれるパイルのない部分があ...

オリジナルの名入れタオルを作るメリット

名入れタオルには一般的に無地のフェイスタオルが使われますが、オリジナルタオルに名入れすることも可能です。世界でたったひとつのオリジナルタオルに名前を入れることは、個人やグループにとってもさまざまなメリ...

名入れタオルのサイズ

名入れタオルには、一般的なフェイスタオルと呼ばれる大きさのものだけでなく、持ち運びに便利な小さ目サイズやインパクトのある大判までさまざまなサイズのタオルが使われます。フェイスタオルとは34cm×85c...


コンテンツ

カテゴリー